2016.08.24 電力自由化

電力切り替えを検討したユーザーの実態調査を緊急発表

【タイナビ総研】電力切り替えを検討したユーザーの実態調査を緊急発表
電力会社を切り替えたいと答えた人は73%!
既存電力会社vs新電力会社はどっちでもいい!?
経済産業省後援!「電力自由化サミットジャパン2016」にて発表した調査報告の全容を公開!

この度、太陽光発電をはじめとする次世代エネルギー業界の調査・研究を行う「タイナビ総研」( http://www.tainavi-soken.com/ )を運営する株式会社グッドフェローズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:長尾 泰広)は、全国の電力会社の切り替えを検討したユーザー174人を対象に「電力小売自由化の市場動向ならびに節電に関する意識調査」を実施しました。その結果、電気料金を切り替えたいと答えた人が73%と7割を超えていることがわかりました。
本レポートは、2016年7月28日(木)に経済産業省の後援でJNEA(ジャパン・ニューエネルギー・アソシエーション、運営事務局:株式会社ベイニッチ、本社:東京都港区)により開催された「電力自由化サミットジャパン2016」(主催:株式会社経済産業新報社)で行われた基調講演にて発表された調査結果の全容です。

■調査概要  : 電力小売自由化の市場動向ならびに節電に関する意識調査
■有効回答  : 電力会社の切り替えを検討したことのある全国のユーザー174名
■調査方法  : インターネットによる回答
■調査期間  : 2016年5月13日~2016年5月31日

(1)電力会社を切り替えたい人は73%!切り替え率は低いが、まだまだポテンシャルあり!?
電力会社の切り替えをしていない人に「電力会社を切り替えたいと思いますか?」と質問したところ、73%の人が『切り替えたい』と回答しました。そのうちの65.9%は『よく調べてから切り替えたい』と回答しており、電力自由化開始から3か月たった段階でもまだ様子をじっくり見ながら検討している様子がわかります。
電力広域的運営推進機関の発表によると、6月24日時点で全国の総契約数のうち切り替えを行った世帯の割合は1.9%に留まっているとのことだが、この回答結果を見るに、電力会社の切り替えを検討している人の割合は大きく、電力自由化のポテンシャルはまだまだあると言えるでしょう。

一方、『あまり切り替えたいと思わない』『まったく切り替えたくない』と回答した人は、『切り替えるメリットがない』(F.H.さん/神奈川県)『プランもよくわからないし、手間が掛かりそうだから』(Y.S.さん/千葉県)とわかりにくさや面倒くささを感じている人が多いことがわかりました。また、『新しい電力会社の信用度がイマイチ。』(Rさん/埼玉県)と新電力の信頼性を懸念している人もいました。新電力は、消費者へ信頼や安心感を伝えていく必要があります。

電力会社を切り替えたいと思いますか?

(2)電力会社は既存電力会社vs新電力会社のどっちでもいい!重要なのはサービスと質。
「電力会社を切り替えるなら、既存電力会社と新電力会社のどちらを選びますか?」と質問したところ、63%の人が『どちらでもいい』と回答しました。その理由として、『サービス内容を評価するため』(M.O.さん/愛知県)『安定供給と必要最低限のサポート体制があればこだわらない』(H.K.さん/静岡県)『わかりやすければどちらでもよい』(K.A.さん/東京都)と、サービスを重視する人がほとんどでした。会社の規模や安定感を重視する人も多いことは事実ですが、既存・新電力に限らず、各社が趣向を凝らしたプランを発表してくれることを期待している人が多いことが伺えます。

電力会社を切り替えるなら、既存電力会社と新電力会社のどちらを選びますか?

(3)電力会社を選ぶときに重要視することは「安さ」がダントツ!続いて「わかりやすさ」。
「電力会社を選ぶときに、何を重要視しますか?」と質問した結果、「料金の安さ」と回答した人が86.2%と最も多く、「わかりやすさ」という回答が次に多い結果となりました。「料金の安さ」と回答した人の中には、基本料金を安くしてほしいという意見や、ダブル定額等の定額プランを作ってほしいという意見がありました。また、世帯人数や時間帯別、オール電化住宅など、さまざまなライフスタイルに合わせたプランを希望する意見が多数でした。
「わかりやすさ」と回答した人の中には、『セット割や適用条件が複雑でわかりにくい。』(R.I.さん/神奈川県)『光熱費系はプランがとんでもなく分かりにくく、比較検討ポイントもよくわからないので何よりも明瞭さを求めます。』(A.Y.さん/東京都)と、せっかくお得な特典があっても割引条件などが複雑なために他のプランとの比較が難しく、わかりやすさを求める意見が多くありました。 電力会社はさまざまなプランを発表していますが、まだまだ独自の新しいプランを考案する余地はありそうです。

電力会社を選ぶとき、何を重要視しますか?

(4)ずばり、電力会社に物申す!消費者の素直な意見を公開!
「ずばり、電力会社に物申すとしたら、なんと言いたいですか?」と、消費者の率直な意見を伺いました。この質問でも、「安さ」「わかりやすさ」を希望する人が多くいましたが、「あれだけ騒いでおいてなんだったの?」「もっと電力自由化を広めてください」というように、電力自由化が思ったほど盛り上がらなかったことに拍子抜けしている人も多いようでした。また、「大いに企業努力してください」「公平な自由競争をしてほしい」「もっと差別化してほしい」というように、自由化による競争の活発化を期待している回答が目立ちました。
料金については、「従量制の使用料が大きいほど単価が高くなる設定が理解できない。」「企業等の大口顧客は割り引いて、個人に高い値段で売りつけるのは納得がいかない」などという、電力会社には心苦しい意見もありました。「電力消費が多い世帯向けなので地球温暖化対策に逆行している」と、環境のために、“あまり使わない人がお得になるプラン”を求める意見もありました。
また、「原子力発電所を廃止して、地球にやさしいクリーンエネルギーへシフトしてほしい」「持続可能エネルギーの研究や、インフラとしての供給体制を」といった再生可能エネルギーへの転換を願う人も多くいました。

(5)FIT電気はわかりにくい!?再エネ普及の賛成派が9割なのに注目されないワケ
「再生可能エネルギーの普及についてどう思いますか?」と質問したところ、92.5%の人が「賛成」と回答しました。「賛成」の理由としては、「環境にやさしいから」「資源の有限性を考えて」など、地球環境を考えた意見がほとんどでしたが、「原子力発電に頼らない社会が望ましい」という意見もありました。また、「その他」と答えた人の中には、「安定供給とのバランスが必要」と、太陽光発電のように天候に左右されてしまうことによる安定供給への懸念する人や、「普及に関しては賛成だが、一般家庭の電気代が高くなるのは反対」と、現状の再エネ賦課金の支払いに疑問を感じる人もいました。

再生可能エネルギーの普及についてどう思いますか?

一方、再生可能エネルギーの普及のために国が施行している「固定価格買取制度(FIT制度)」を電源構成に含む「FIT電気」について、「FIT電気という言葉を知っていますか?」と質問したところ、なんと65.5%、約7割の人が「知らない」と回答しました。再エネの普及に賛成する人が多い一方で、「FIT電気」という言葉の認知度はまだまだ低いようです。

FIT電気という言葉を知っていますか?

さらに、「再生可能エネルギーの割合が何%以上なら、FIT電気プランと呼んでいいと思いますか?」と質問したところ、31%の人が50%と回答しました。現在「FIT電気プラン」の電源比率についての取り決めはありませんが、再生可能エネルギーの割合50%がFIT電気の電源比率の一つの指標と呼べるでしょう。

再生可能エネルギーの割合が何%以上なら、FIT電気プランと呼んでいいと思いますか?

(6)電気料金比較サイトを利用したい人は92%!300社以上のプラン比較を容易に!
「電力会社を切り替えるとき、電気料金比較サイトを利用したいですか(しましたか)?」という質問をした結果、92%が利用したいと回答しました。回答した人は、『自分で調べて比較するには情報収集に限界があるから』(H.I.さん/愛知県)『会社が多いので自分で様々なパターンを比較するのは難しい』(Y.O.さん/大阪府)などと答え、現在も続々参入している300社以上の電力会社のプランの中から自分のライフスタイルに合ったプランを探すことの大変さから、多くの人が電気料金比較サイトを利用したいと考えていることがわかりました。また、『サイトを使うと一目で違いが分かりそうだから』(M.N.さん/神奈川県)『複数の会社を一度に比較検討したい』(T.S.さん/埼玉県)というように、比較サイトを利用することで一度に多くのプランを比較でき、電力会社を簡単に調べることができることへ期待している声が多くありました。
一方、使わない人の理由としては、「故意的な比較サイトが多い」「信頼できる情報かどうか不安だから」という意見がありました。電気料金比較サイトは、新しいプランの追加や内容変更に対応できるよう常に情報収集に気を配り、誤った情報や古い情報が提供されることのないよう正確性に心がける必要があります。

電力会社を切り替えるとき、電気料金比較サイトを利用したいですか(しましたか)?

実際に「電力会社の切り替えを行いましたか?」と質問したところ、21.8%の人が「はい」と回答しました。電力広域的運営推進機関が、実際に電力会社を切り替えた世帯は6月30日時点で全国で126万4400件、総世帯数の約2%と発表する中、電気料金比較サイトを利用する人の切替率の割合は全国の切替率に比べて10倍高いことが分かりました。切り替えた理由としては、(3)同様「料金の安さ」や「プランのわかりやすさ」を上げる人が多い中、「引っ越しのタイミングで変えた」という人もいました。

電力会社の切り替えを行いましたか?

(7)気になる支出から見る電力自由化の今後!通信や食事、医療・保険とのセット割が受ける?!
「あなたが最も気になる支出はなんですか?」と質問をした結果、「通信(携帯電話・インターネット)」が41.4%と最も大きな割合を占めました。次いで「食事」の19.5%、「医療・保険」の14.9%が続きました。携帯電話・インターネットは現代社会になくてはならないものとなっており、その支出を気にする人は多くいます。既にソフトバンク・KDDIやJ:COMなど、携帯キャリアや通信関連業者が電力市場に参入しています。
「食事」も生活するうえで非常に重要な要素であり、毎日の生活の楽しみであるとともに家計を圧迫する要因でもあります。現在、食品に絡めたサービスとしては、ローソンで電気を販売するMCリテールエナジーの『まちエネ』やスーパーと提携して食材プレゼントなどのサービスを展開するアイ・グリッド・ソリューションズの『スマ電』などがあげられます。
少し意外だったのは、「医療・保険」ですが、家計の中では確かに大きな支出です。セット販売は現状まだ行われておりませんが、先日東京電力と損保ジャパン日本興亜の業務提携が発表されるなど、今後電気と保険のセット割りも期待されます。
消費者の家計を圧迫する大きな支出である「通信費」「食費」「医療費・保険料」とのセット販売は、電力市場のメインターゲットになり得ることが予想されます。

あなたが最も気になる支出はなんですか?

(8)ガス自由化の認知度は?2017年の都市ガス自由化の印象とは。
「ガスが自由化されたら、ガス会社を変えたいですか?」と質問をした結果、「切り替えたい」と答えた人は約30%でした。「切り替えたくない」「その他」と答えた人の多くは「オール電化だから」と回答しており、そもそもガスを使っていない人が多くいました。しかし「ガスは危なそう」と安定供給への不安を感じている人もいました。しかし、約半数の46%の人は「わからない」と答えており、「ガス自由化について現時点で無知のため」「まだ、全体像が見えない」とガス自由化自体の認知度の低さや方針の未確定により、まだ消費者は検討の余地もない様子でした。
8月1日からスタートしたガス小売事業者登録ですが、電力自由化同様、早期からの消費者への認知活動、魅力的なプランの発表がガス自由化成功に大きく影響することでしょう。

ガスが自由化されたら、ガス会社を変えたいですか?

アンケート回答者の属性

性別/年齢
世帯人数/自宅の種類/自宅に太陽光発電システムはついていますか?

■タイナビ総研について
タイナビ総研( http://www.tainavi-soken.com/ )とは、株式会社グッドフェローズがPR・マーケティングサービスを提供する株式会社ベイニッチ(本社:東京都世田谷区、代表取締役:石川 友夫)の「総研・シンクタンク構築サービス」を活用して、両社共同で、再生可能エネルギー関連をはじめとするガス・電気エネルギー業界の発展のために、調査研究及び広報・広告活動を行うことを目的として設立した組織です。太陽光発電を導入や電気料金の切り替えを実施もしくは検討した会員からインターネットを通じてリアルな声を集め、調査し、ユーザーの声を社会に発信する活動などを行う以外に、「タイナビ発電所」( http://www.tainavi-pp.com/ ) や「タイナビスイッチ」( http://www.tainavi-switch.com/ )のユーザーや登録店を対象としたセミナー企画もサービス化。セミナー開催から運営まで、オールインワンのサービスを実施しています。

【「タイナビ総研」概要】
名称  : タイナビ総研
サイト : http://www.tainavi-soken.com/
事務局 : 株式会社グッドフェローズ内
事業内容: 太陽光関連をはじめとする次世代エネルギー業界の発展のための調査研究及び広報・広告活動等

【「タイナビスイッチ」サービス概要】
名称  : タイナビスイッチ
サイト : https://www.tainavi-switch.com/
事務局 : 株式会社グッドフェローズ内
事業内容: 無料で最適な電力料金プランを比較することができるウェブサイト。現在78の電力会社、400の業界最多プランに対応。

【会社概要】
名称 : 株式会社グッドフェローズ
設立 : 2009年3月
所在地: 東京都品川区西五反田7-17-3 五反田第2noteビル3階
代表者: 代表取締役社長 長尾 泰広
URL : http://www.goodfellows.co.jp/

名称 : 株式会社ベイニッチ
設立 : 2010年12月
所在地: 東京都港区北青山2-7-26 メゾン青山1001
代表者: 代表取締役 石川 友夫
URL : http://www.baynich.jp/

PAGE TOP