2014.07.15 省エネ・エコ

第一回 『ベストエコロジスト2014』 調査結果発表

第一回 『ベストエコロジスト2014』
孫正義さん(ソフトバンクグループ代表)が第1位!
タイナビ総研設立記念アンケート
~ 太陽光発電を検討したユーザーを対象とした調査結果発表 ~

太陽光発電導入ナビゲーションサイト「タイナビ」(http://www.tainavi.com/)を運営する株式会社グッドフェローズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:長尾 泰広)は、上記サイトから太陽光発電システムを導入、もしくは検討したユーザーを対象にアンケートを実施した結果、第一回「ベストエコロジスト2014」を発表しました。

Q:エコロジーを意識した、また貢献したと思われる芸能人、著名人は誰だと思いますか?

 第一位 孫正義(ソフトバンクグループ代表)
 第二位 吉永小百合(女優)
 同二位 野口健(登山家)
 第四位 山本太郎(俳優・政治家)
 同四位 レオナルド・ディカプリオ(俳優)
 第六位 清水国明(タレント)
 第七位 豊田章男(トヨタ自動車株式会社 代表取締役社長)
 同七位 坂本龍一(ミュージシャン)
 同七位 春日俊彰(お笑い芸人)
 同七位 高木美保(女優)

第1位の孫正義さんの選定理由は、「再生可能エネルギーの推進に熱心だと思うから」「自然エネルギーの普及と脱原発を掲げて精力的に活動を続けているように見えるから」「メガソーラーを推進しているから」などであり、第二位の吉永小百合さんは、「太陽光のコマーシャルに出演されている」「CMでよく見るから」、同二位の野口健さんは、「クリーン活動等の取り組みによる印象」「富士山やエベレストのゴミ拾いを地道に続けているから」「環境問題に取り組む活動を行っている」だった。

孫正義さんは、福島第一原子力発電所事故後、自然エネルギーの普及と脱原発を掲げて精力的な活動を続けており、そんな活動が日々テレビや新聞などで報道され大きな注目を集めていることから「脱原発=エコロジー=孫正義さん」というイメージが定着したようだ。ソフトバンク社は2016年に控えている電力小売り自由化への参入も明言しており、通信サービスと電力をセットで契約すると割引する料金プランも視野に入れているという。今後の動きにますます注目だ。

第2位には幅広い人気を誇る国民的女優の吉永小百合さんが、登山家の野口健さんと並んで輝いた。某大手太陽光発電メーカーのテレビCMのイメージが強く、「吉永小百合さんがCMに出てるから」という理由で太陽光発電システムを導入した人も少なくない。日本国内の太陽光発電システムの普及に大きく貢献した立役者の一人だ。

吉永さんと同着で2位に選ばれたのは登山家の野口健さん。エベレストやマナスル、富士山での清掃登山は有名で、そうした環境問題に対する取り組みが世間にも広く知られている。野口さんは地球温暖化による氷河の融解防止にむけた対策にも力を入れており、そのほかにも全国の小中学生を主な対象とした「野口健・環境学校」を開校するなど、積極的に環境問題への取り組みを行っている。

今回の調査結果では、孫正義さんや山本太郎さん、坂本龍一さん、高木美保さんら脱原発を唱える著名人が上位10人中4人を占めた一方で、野口健さん、レオナルド・ティカプリオさん、清水国明さん、春日俊彰さん(お笑い芸人)といった「エコ」や「節約」イメージの強い著名人のランクインが目立った。また、欧米市場で躍進を続ける低燃費自動車「プリウス」を販売するトヨタ自動車の現社長豊田章男さんが7位にランクインするなど、ソフトバンク社の孫正義さんと同様、企業によるエコを軸とした経営戦略「エコブランディング」が、社長のイメージ作りに直接繋がる結果となった。

今回調査した太陽光発電システムを導入、もしくは検討した会員は、以下のユーザー属性です。
【有効回答数:353人】
 ●太陽光発電システムを導入、もしくは検討したことがあるユーザー はい:100% いいえ:0%
 ●男女構成 男:88.3% 女:11.7%
 ●年齢構成 20代:2.8% 30代:27.7% 40代:30.7% 50代:23.7% 60代:15.1%
 ●住居が戸建である はい:92.6% いいえ:7.4%

【本件に関するお問い合わせ】
タイナビ総研
担当:大澤、石川
TEL:03-6420-0515 FAX:03-6420-0516
Mail:info@goodfellows.co.jp

PAGE TOP