2015.11.18  行政

関東経済産業局、地方自治体職員向けの地域エネルギービジネス研究会を開催

12月15日(火)開催
関東経済産業局は、スマートコミュニティ構築をはじめとした地域エネルギーの供給体制検討や、地域新電力の設立などについて講義や質疑応答をする勉強会「関東スマコミ連携体 第2回 地域エネルギービジネス研究会」を12月15日(火)に開催予定だ。

image1
地域新電力について
「関東スマコミ連携体 第2回 地域エネルギービジネス研究会」は、地方自治体の職員を対象とした勉強会で、地域新電力の設立や、設立にあたって留意すべきこと、電気事業制度やスマートコミュニティ構築に向けて知っておきたいことを学ぶことができる。

内容としては、地域新電力をはじめとした地域エネルギー供給体制の考え方についての講演と、スマートコミュニティ事業実現可能性調査に向けた環境整備についての講演、施策説明「スマートコミュニティ(エネルギーの地産地消・面的利用)のプロジェクト化に向けた第1歩について」 が実施される予定だ。

主催は関東経済産業局と、公益財団法人特別区協議会で、参加費は無料、参加の申し込みはメールにて受け付けている。

申込先メール:kanto-ondanka@meti.go.jp

開催日時:12月15日(火)13:00~15:00(予定)
開催場所:千代田区飯田橋3-5-1「東京区政会館」





関東経済産業局
http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/smacom/


一覧へ戻る >

PAGE TOP