2015.08.20  電気自動車

NEC、「三井のリパーク」駐車場にEV・PHV用充電インフラ設置

合計約200台設置
日本電気株式会社(以下、NEC)と三井不動産リアルティ株式会社は、首都圏の「三井のリパーク」駐車場を中心に、合計約200台のEV・PHV用充電器を設置して、有料の充電サービス提供を開始することを発表した。

image1
9月1日よりサービス開始
三井不動産リアルティは今回、政府の「次世代自動車充電インフラ整備促進事業」による補助を活用して、NEC製のEV・PHV用壁掛け型普通充電器と、充電器の管理などを行う壁掛け型充電コントローラーを設置する。

NECは、NECキャピタルソリューション株式会社と、EV・PHV向け充電サービスを提供しているジャパンチャージネットワーク株式会社とともに、設置される充電設備を借用して有料充電サービスの提供を行うとのことだ。

サービスの提供は「三井のリパーク」南八幡5丁目第3駐車場にて、2015年9月1日より開始される予定で、第2弾は「三井のリパーク」六本木3丁目第2駐車場の予定となっており、今年末までに約200台の設置を行う予定となっている。

三井不動産リアルティでは、充電インフラの大規模設置によって低炭素社会実現に貢献するとし、NECグループでは、今後もEV・PHV用充電インフラ構築に向けた製品・サービスを拡充することで、効率的で洗練された社会実現に貢献するとしている。

(画像はプレスリリースより)




NEC プレスリリース
http://jpn.nec.com/press/201508/


一覧へ戻る >

PAGE TOP