自然エネルギーでエコな暮らし
結果発表

タイナビ自由研究・絵画大賞とは

本コンクールは、いま私達の暮らす地球が、毎⽇の⽣活で出すゴミや、⾞の排気ガスなど、さまざまな 環境問題によって、危機的な状況になっていることから「地球にやさしい未来のくらし」をテーマに、 「地球環境をよくするためにできることってなんだろう?」ということを考え、「未来の⽣活がこんな ⾵になっていたらいいな」と願うことを⼦どもらしい発想で研究したり、絵や作⽂などで表現する研究 作品や創作作品を募集するものです。

たくさんのご応募ありがとうございました!!

『タイナビ自由研究・絵画大賞2015』に、全国よりたくさんのご応募をいただき誠にありがとうございました。自由な発想で「地球にやさしい未来のくらし」を表現してくれた作品の中から、総合グランプリ・学年別グランプリの受賞作品をご紹介します。

表彰・賞品

入賞者には副賞と賞状を贈呈します。

総合グランプリ総合グランプリ

早瀬 凌平  小学6年生

「スターリングエンジンの研究」

スターリングエンジンは熱による発生でクリーンエネルギーを作りだせることが分かった

清水 朋宏
清水 朋宏
科学的なうらづけにもとづいて実際にキットを自作しているところがすばらしいです。スターリングエンジンに期待したいです。
上田 マリノ
上田 マリノ
スターリングエンジンについては期待のできるエネルギーだとうかがっていましたが、その研究が家庭でできることにおどろきました。実験器具の実物もあり夏休みを利用ししっかりと研究をした様子がうかがえました。

タイナビ賞タイナビ賞

蓮子 督人  小学4年生

「発電星と地球にやさしい時代」

地球かんきょうに優しく発電する方法は何かと考えてみたのがきっかけです。

長尾 泰広
長尾 泰広
新しい発想で夢を感じました

協賛企業賞協賛企業賞

北居 由鈴名  小学6年生

「レインボーエコロジータウン」

おしゃれな太陽光パネルの色を想像していて、自然エネルギー(太陽光・バイオ・雨・・・)を活かしたキレイな街ができたらいいなと思って描きました

協賛企業より
自然のエネルギーを活用して、みんなが笑顔で暮らす様子が描かれていて、「自然エネルギーでエコな暮らし」がもっともよく表現されていたと思います。
たような自然エネルギーがぐたい的にえがかれていて、よく勉強されていていると感じました。

特別協賛賞 環境ネットワーク賞特別協賛賞 環境ネットワーク賞

村田 奈未  小学2年生

「きれいなお水でみんななかよく」

細田 俊哉
細田 俊哉
水と魚と人のきょうぞんが上手く表現出来ており、ほっとさせられました。
自由研究部門
絵画部門

低学年の部低学年の部

高崎 はるか  小学3年生

「夏休みの天気と太陽光発電りょう」

 

高学年の部高学年の部

権藤 佑一  小学4年生

「海水大変身」

海水を持ち帰り煮つめて塩を取り出し、その塩と市販の塩を使った料理を作り味比べをしました。

低学年の部低学年の部

菊地 里美  小学3年生

「卵型エネルギー船でエコなくらし」

絵をかくのが大好きです。色々なエネルギーがあってスゴイなぁと思ったからです。

低学年の部高学年の部

三浦 凌海  小学5年生

「波力発電で、エコな地球を僕たちの手に」

ぼくは魚が大好きです。そんな大好きな魚が元気いっぱい泳いで、その波の力で発電できたら、とてもすばらしいなと思ってこの絵を描きました。波力発電することによって、地球も緑いっぱいになったらいいなという思いをこめました。

太陽光を設置しよう

「タイナビ」をつかって太陽光発電を設置しよう!

太陽光発電(たいようこうはつでん)システムは、太陽の光を電気(でんき)に変える、地球環境にとってもやさしい発電システム。 二酸化炭素(にさんかたんそ)などの有害物質(ゆうがいぶっしつ)を出さないから、たくさんの人が自宅の屋根(やね)に太陽光発電システムを付けるだけで、地球環境保護(ちきゅうかんきょうほご)にとって大きな力になります。
わたしたちが運営する「タイナビ」では、そんな太陽光発電システムを日本全国に広めるため、太陽光発電システムの販売店(はんばいてん)を紹介(しょうかい)するサービスをおこなっています。


もっとも身近(みぢか)でエコなエネルギー、太陽光発電システム。
きみの家にも太陽光発電システムを設置しよう!
タイナビ画像