タイナビ自由研究・絵画大賞2014
タイナビ自由研究・絵画大賞2014 応募テーマ

本コンクールは、いま私達の暮らす地球が、毎⽇の⽣活で出すゴミや、⾞の排気ガスなど、さまざまな 環境問題によって、危機的な状況になっていることから「地球にやさしい未来のくらし」をテーマに、 「地球環境をよくするためにできることってなんだろう?」ということを考え、「未来の⽣活がこんな ⾵になっていたらいいな」と願うことを⼦どもらしい発想で研究したり、絵や作⽂などで表現する研究 作品や創作作品を募集するものです。

タイナビ自由研究・絵画大賞2014 応募テーマ

たくさんのご応募ありがとうございました!!

『タイナビ自由研究・絵画大賞2014』に、全国よりたくさんのご応募をいただき誠にありがとうございました。
自由な発想で「地球にやさしい未来のくらし」を表現してくれた作品の中から、総合グランプリ・学年別グランプリの受賞作品をご紹介します。

タイナビ自由研究・絵画大賞2014 表彰・賞品
タイナビ自由研究・絵画大賞2014 結果発表
斬新な発想で未来の発電方法を表現してくれた鈴木勝章くんの「自家発電海底自転車」が、みごと総合グランプリを獲得!地球の約70パーセントは海で覆われており、人類にとってはまだまだ未知の世界。深い海の底には太陽の光は届きませんが、エネルギーの作り方は太陽光に限りません。そんな無限の可能性を感じさせてくれた勝章くんの作品でした。
タイナビ自由研究・絵画大賞2014 結果発表
省エネ対策として注目を集める「グリーンカーテン(壁面緑化)」が、実際どんな効果があるのかを研究してくれたななちゃん。家の窓にグリーンカーテンを作り、一ヶ月でなんと4,000円もの節電につなげてくれました!あっぱれ!
タイナビ自由研究・絵画大賞2014 結果発表
「沢山の木を植えて、おいしい空気が地球全体に広がっていく絵」を書いてくれた萌花ちゃん。苗に水をあげている女の子を描くのに苦労したそう。人も地球も太陽も、みんなが笑顔なのがとても印象的でした。
該当者はいませんでした。
生活が豊かになるにつれ増えるゴミの量。地球温暖化に歯止めをかけるために、Reduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル)の意識をみんなが持つことが大事だと、改めて考えさせられた作品でした。
該当者はいませんでした。
柔らかいタッチの中にも「環境破壊による食物連鎖の乱れ」や、それに伴う「生態系の破壊」を表現してくれた光宜くん。地球の環境保全に対する光宜くんの想いが詰まった作品です。
幼稚園枠がないにも関わらず作品を送ってくれた拓真くん。そんな拓真くんの熱い想いに応えて、今回特別賞を授与します!自然や動物が大好きだという拓真くん。これからも生き物を大事にしてくださいね。
タイナビ自由研究・絵画大賞2014 応募概要

「タイナビ」をつかって太陽光発電を設置しよう!

太陽光発電(たいようこうはつでん)システムは、太陽の光を電気(でんき)に変える、地球環境にとってもやさしい発電システム。 二酸化炭素(にさんかたんそ)などの有害物質(ゆうがいぶっしつ)を出さないから、たくさんの人が自宅の屋根(やね)に太陽光発電システムを付けるだけで、地球環境保護(ちきゅうかんきょうほご)にとって大きな力になります。
わたしたちが運営する「タイナビ」では、そんな太陽光発電システムを日本全国に広めるため、太陽光発電システムの販売店(はんばいてん)を紹介(しょうかい)するサービスをおこなっています。

もっとも身近(みぢか)でエコなエネルギー、太陽光発電システム。
きみの家にも太陽光発電システムを設置しよう!
▶ タイナビサイトはこちら
PAGE TOP