タイナビ自由研究・絵画大賞2016
タイナビ自由研究・絵画大賞2016 応募テーマ

「ぼく・わたしが考える新しいでんきの作り方」

タイナビ自由研究・絵画大賞とは

地球の将来を担う子どもたちが環境について関心を持てるように、2014年から”エコ”についてテーマを掲げ『自由研究・絵画大賞』を実施してきました。
子どもたちの地球環境に対する理解を深めるとともに、自由な発想で夢のある未来を表現・創作し、環境問題の改善へ向けて歩み出す一助となることを目的としています。

タイナビ自由研究・絵画大賞2016 表彰・賞品
入賞者には下記副賞と賞状を贈呈します。
タイナビ自由研究・絵画大賞2016 応募方法

★エントリーシートをダウンロードして応募作品と一緒に送ってください!★

★保護者の方へお願い★

お子様が自由研究をする時は、安全を確認して下さい。

応募概要の「個人情報の取り扱いに関して」、および「プライバシーポリシー」をお読みいただき
ご同意いただいた方のみエントリーシートをダウンロードしてください。

エントリーシートはこちら
タイナビ自由研究・絵画大賞2016 応募概要
応募資格 幼児~小学校6年生
募集テーマ 『ぼく・わたしが考える新しいでんきの作り方』
募集部門 「自由研究部門」「絵画部門」
※ 両方への応募も可能です。
応募期間 2016年7月1日(金)~9月30日(金)締切 ※当日の消印有効
応募方法 ホームページからエントリーシートをダウンロードし、必要事項をご記入の上、応募作品とご一緒に事務局までお送りください。
応募作品は専用の応募用紙または指定サイズ(380mm×540mm以下・縦横自由)の画用紙にてご応募ください。

【応募作品の返却について】
応募頂いた作品については、基本的に返却は行いません。
返却を希望の際は、必要事項をご記入の上、着払い伝票(ゆうパック)の同封をお願い致します。
作品送付先 〒141-0031 東京都品川区西五反田7-17-3 五反田第二長岡ビル3階
株式会社グッドフェローズ内
「タイナビ自由研究・絵画大賞2016」事務局
結果発表 2016年11月1日(火)本WEBサイトにて発表予定
お問い合せ 【電話】03-6420-0515 (平日10:00-19:00) 【E-mail】csr@goodfellows.co.jp
個人情報の取り扱いに関する注意事項 ※ 受賞者のお名前、顔写真、お住まいの都道府県、応募いただいた作品等については弊社のプライバシーポリシー基づき、お客様の同意の上、株式会社グッドフェローズが運営するホームページのほか、協力企業・団体等のホームページ、展示会等で公表することがあります。
※ 受賞者には、電話またはEメールによるインタビューに応じていただく場合があります。予めご了承のうえ、ご応募ください。
※ エントリーシートに必要事項を記入し、ご応募いただいた時点で、上記及び弊社プライバシーポリシーを確認し、同意がなされたものとみなします。
主催 株式会社グッドフェローズ・株式会社ベイニッチ
協賛企業 【特別協賛企業】株式会社環境ネットワーク・平安コーポレーション
※その他の協賛企業はこちらよりご覧になれます。
タイナビ自由研究・絵画大賞2016 協賛企業

※50音順です

特別協賛企業

協賛企業

タイナビ自由研究・絵画大賞2016 審査員

ソーラージャーナル 代表

清水 朋宏

地方公務員時代に目黒区役所国民健康保険課にて地域住民サービスとはどんなことかを肌で感じる。退職後は、数々の職業を経験した後、フリーランスの編集者として講談社や小学館の雑誌制作にかかわることに。
その経験を生かして1996年に雑誌制作会社・株式会社アクセスインターナショナルを設立。『TOKYO☆1週間』『週刊ポスト』ほか、数々の情報誌やムックなど50社100誌以上の制作業務に携わることによって、多彩な情報を吸収。
2003年に待望の第一子をもうけ、実際に子育てを経験したことから「父親の育児」の重要性を感じ、2006年末、自社にて父親向けライフスタイル情報誌『FQ JAPAN』を創刊。 2012年には子育て世代として子供たちに残すべき環境を考え、自然エネルギーや食の自給をテーマにした「ソーラージャーナル」を創刊。

環境ナビゲーター

上田 マリノ

エコは和製英語でエコノミーの意味も含まれていると言われています。ですので私は、エコは日本発のエコロジーとエコノミーのバランスをとる考え方だと思っています。 そういう意味からも自然エネルギーを使って暮らすことはまさしくエコを表しており、現在そのような未来が多くの人から望まれています。本企画は絵を描いたり研究をすることでお子さんの未来の環境について共に想いを馳せる機会となります。お子さんにとって貴重な体験となり、また作品を見ることで親も子どもへ残したい環境を想像する価値ある時間になるかと思います。ぜひ一人でも多くの方に参加してほしいと思っています!

美術大学時代、沢山の捨てられる作品たちに疑問を持ちエコに興味を持つ。エコアイドルを経て、現在は環境ナビゲーターと名乗り、イベント企画や執筆、講演、時には歌を通じてエコの普及活動に励む。地元埼玉県所沢市の環境大使「マチエコ大使」。

画家

澁澤 星

みなさんのエコや電気に対する自由な発想と、それを作品として形にして表現するための様々な工夫を観せていただくのを楽しみにしています。
電気を作ること、エコのこと、絵にすること、色んなことを考えてみて下さい。
そしてこの作品づくりが、今年の夏休みのよい経験やかけがえのない思い出になったらよいなと思っています。

日本画家。個展・グループ展・アートフェアなどで展示発表。日本美術院研究会員。
2006年東京藝術大学美術学部日本画専攻入学
2013年第7回秀桜基金留学賞に採択され、1年間欧州渡航。
2016年東京藝術大学大学院美術院研究博士後期課程美術専攻日本画研究領域修了

[ 特別協賛賞審査員 ]
株式会社環境ネットワーク 代表取締役

細田 俊哉

小学校・ろう学校の教員を30年間勤める。 教員時代、太陽電池の授業では子どもたちと自然の力を実感する。 2011年に発生した東日本大震災を機に生活環境や環境教育への見つめ直しを意識。
子どもたちの未来を考え、自然エネルギーによる環境保全を目的とし2012年、株式会社環境ネットワークを設立、代表に就任。 ソーラー王国 山梨を目指し今に至る。

[ 特別協賛賞審査員 ]
株式会社平安コーポレーション 代表取締役

月成 陽一

デザイン住宅・注文住宅を手掛け、また太陽光発電の施工販売を行う事で、環境保全に対する一歩として取り組んでおります。

良い家に住むことは万人の願いであり、この願いと夢を実現出来るように努めております。
住まいは、人々が愛を育み、次の時代を担う子どもたちを育て、安らぎと明日への活力を求める場であります。
快適で豊かな住環境づくりのお手伝いをする私たちの仕事は、人間の幸福に最も深い夢のある素晴らしい仕事だと私たちは信じています。

今回のタイナビ自由研究・絵画大賞に協賛することで、子どもたちのエコに対する意識が高まるきっかけになることを願います。
子どもたちが考える、楽しい作品をお待ちしております!

株式会社グッドフェローズ 代表取締役

長尾 泰広

大学時代から地球温暖化防止などの国民活動をしていたが、世界システムという大きなモンスターの前では自分は無力だということを実感、挫折を経験する。
いつしか、経済発展と環境保全の両立を実現したシステムを構築できないかと考え、某IT企業の取締役を経て、グッドフェローズを設立。太陽光発電を中心とした再エネポータルサイト群、タイナビシリーズを世に送り出す。

インディアンには、次のような教えがあるそうです。
「どんなことでも7世代先の子孫のことを考えて意思決定しなさい。」

凄く想像力に長けた、意思決定の仕方ですよね。
まずは、想像することから創造が始まるのであれば、未来を担う子供たちのアイディアが欲しい。想いが欲しい。そんな風に考えました。
まずは私を含めた大人達が、模範となるべきであり、物凄く無責任に聞こえるかもしれませんが、日々の生活に忙殺されて、考えることが少なくなっている人が多いのも事実ではないでしょうか。 タイナビ自由研究・絵画大賞を通して、大人たちが少しでも7世代先のことを考えるきっかけになればと思います。
タイナビ自由研究・絵画大賞2016 応募概要

「タイナビ」をつかって太陽光発電を設置しよう!

太陽光発電(たいようこうはつでん)システムは、太陽の光を電気(でんき)に変える、地球環境にとってもやさしい発電システム。 二酸化炭素(にさんかたんそ)などの有害物質(ゆうがいぶっしつ)を出さないから、たくさんの人が自宅の屋根(やね)に太陽光発電システムを付けるだけで、地球環境保護(ちきゅうかんきょうほご)にとって大きな力になります。
わたしたちが運営する「タイナビ」では、そんな太陽光発電システムを日本全国に広めるため、太陽光発電システムの販売店(はんばいてん)を紹介(しょうかい)するサービスをおこなっています。

もっとも身近(みぢか)でエコなエネルギー、太陽光発電システム。
きみの家にも太陽光発電システムを設置しよう!
▶ タイナビサイトはこちら
PAGE TOP